渡辺矯正歯科

084-926-3200

広島県福山市延広町1-25
明治安田生命福山駅前ビル5F

受け口(下顎前突)

下の歯が上の歯より前に出ています。

上下の前歯の傾きに問題がある場合と、上下顎の大きさに問題がある場合とがあります。

うまく咬めないだけでなく、発音に影響することもあります。

「舌」のくせや遺伝的も原因に挙げられます。

治療法

適切な矯正装置で上下の前歯を動かし、早い時期に正しい咬み合わせにします。

成長期の患者様では、上顎骨の成長促進や下顎骨の発育への対応など、成長期間中の上下顎の成長を管理・観察します。

成長終了後に、すべての永久歯に器具をつけて正しい歯並びに治療します。

歯を動かす方向にスペースをつくるため、抜歯が必要になることもあります。

顎の大きさに問題がある場合には、口腔外科や形成外科と協力して骨の手術を併用することもあります。

下顎前突1 小臼歯を抜かない(非抜歯)で治療した症例

小臼歯を抜かない(非抜歯)で治療した症例

下顎前突2 手術を併用した治療(外科矯正)

手術を併用した治療(外科矯正)